イベントレポート

JOYSOUND カラオケ大会 2019の決勝を観覧!結果はどうなった?

2019年6月30日に開催された「JOYSOUND カラオケ大会 2019」の観覧に行ってきました。
JOYSOUNDカラオケ大会とは?というお話と、実際に観覧してきた感想と大会の結果をお届けします!

JOYSOUNDカラオケ大会とは?

まず、JOYSOUNDカラオケ大会とはどんな大会かというと…

  • 株式会社エクシング主催のカラオケ大会
  • 2018年が初回、2019年で2回目という新しい大会
  • 参加費無料
  • 優勝賞金100万円、その他副賞あり
  • カラオケ機種はもちろんJOYSOUND!2コーラス歌唱する

ざっくりこんな大会です!

2018年から開催で今年で2年目という意外と新しいカラオケ大会です。

キャッチフレーズは『聴きたいのは心動かす、魅せる歌声』です。

『エクシング主催のカラオケ全国大会』というネームバリューで、入賞すれば箔がつく+参加費無料なのに優勝賞金がお高い大会ということもあり、昨年は全国のカラオケ大会経験者達がこぞって参加していた印象です。

2年目の今年はさらに熱いバトルが繰り広げられるんじゃないかと予想され、カラオケ好きには観覧に行くだけでもとても楽しいイベントです。

JOYSOUND カラオケ大会 2018の優勝者は?

2018年の大会情報はJOYSOUNDのページにまだ残っており、こちらから詳細を見ることができます!

そして大会レポートにも載っていますが、2018年の優勝者は福岡エリア代表の『益田勝志さん』、歌は『Color/古澤剛』でした。

益田さんといえばカラオケ大会界隈ではとても有名な人ですよね!

昨年は観覧に行けずYoutubeで視聴してたのですが、益田さんの歌唱にものすごく感動したのを覚えています…

JOYSOUND カラオケ大会 2019の開催情報

そして今年2019年はどんな感じで開催されるかというと、詳しくはJOYSOUNDのカラオケ大会2019のページに詳しく載っています!

これもざっくりまとめると…

  • 優勝賞金は100万円、副賞はダイアモンド・プリンセス クルーズの旅
  • 一般応募選考:2019年3月16日~5月26日
    選曲理由や大会への意気込みで選抜された人がエリア選考会に出場

    • エリアは北海道/札幌、岩手県/盛岡、宮城県/仙台、福島県/郡山、栃木県/宇都宮、埼玉県/大宮、東京都/品川、新潟県/新潟、石川県/金沢、静岡県/静岡、愛知県/名古屋、大阪府/淀川、兵庫県/神戸、岡山県/岡山、広島県/広島、鳥取県/米子、愛媛県/松山、福岡県/博多、熊本県/熊本、沖縄県/那覇
    • 優勝者22組と総合合格者10組程度が決勝戦へ出場
  • 音源応募:音源の郵送、もしくはうたスキ動画で応募
    →特に歌唱力が優れていると判断された20組程度が決勝戦へ出場
  • JOYSOUND関連大会・協力大会の優勝者も決勝戦へ出場
    • DokiDokiLiveカラオケ大会
    • EVERYSING Starチャレンジ!!
    • 日本カラオケボックス大賞2018
    • LINE LIVE オーディション
    • 公式Bionistオーディション
    • 第6回カラオケバトル!inイオンモール津山
    • MixChannelカラオケNo.1選抜戦
    • mysta カラオケ大会決勝出場権争奪イベント
    • 第二回KMN杯
    • ラジオシティ第9回うたうま選手権大会
    • 第8回Singer’s Cup
    • 千葉カラオケグランプリ
  • 決勝大会(東京)2019年6月30日(日)62組が出場

一般選考の応募が2018年11月25日~で決勝大会が2019年6月30日と、さすが全国大会だけあって長期間にわたります。

特に一般選考については今年は応募がかなり集中してしまっているエリアがあったようで、応募者に「あなたの応募しているエリアの倍率がすごいので、他のエリアに応募してみるのはどうでしょう?」というような内容のメールが届いていたようで、運営側もとても大変そうだなと思いました…

2019年6月30日いよいよ決勝戦!会場は品川ステラボール

JOYSOUND カラオケ大会 2019は2019年6月30日(日)、品川ステラボールにて開催されました。

ちょうど前日にJOYSOUNDの新機種「JOYSOUND MAX GO」のプロモーションイベント『MAX PARTY 2019』が開催されていた会場ですね!
(これも参加したかったけど都合が合わず…菅田将暉さんを生で観たかった)

入り口は受付開始前から人が集まり始め、4列で並んでいたのにかなり長い列になっていました。

入り口には決勝大会の看板が…いよいよという感じがしてきますね!

11:00~ 開場・リハーサル

開会は13:00ですが、受付開始はかなり早めの11時!

11時前に着いてしまったので通りかかる人を人間観察して時間をつぶしていたのですが「見たことある人がちらほら居るー!」と1人で勝手に興奮していました。カラオケ好きにはこの時点から楽しすぎました。

受付でこれを見えやすいところに貼ってくださーい!と言われたシール。
再入場する時の確認用ですね!


その他にも色々入った袋をもらいました。うちわはありがたい!


後でゆっくり開けてみたら、パンフレット・クリアファイル・チラシ色々・カラオケボイスドリンク・カラオケの室料30%OFFクーポンが入っていました。
これ終わった後はJOYSOUND直営店でカラオケしてねという圧を感じる(まあ行きましたけどね!)

中に入ってしばらくするとMCの方から注意事項の説明タイム。


開会が13:00、閉会が19:30予定というかなりの長丁場なので、会場内の飲食ってOKなのかな?と心配していたのですが、会場内で食べるのはNG・飲み物はOKとのことでした。

櫻木
櫻木
もっとお腹いっぱい食べてから行けばよかった…



リハーサルが意外と楽しい

当初は開会ギリギリに行こうかと思っていたのですが、早めに行ったのでリハーサルを全部聞くことができ、これが意外と良かったです!

というのも、音響とカラオケ演奏のキーを確認するために出場者の方がワンフレーズだけ歌唱するのですが、これだけでもう楽しくてですね…この人は絶対聴きたい!って思った人に丸をつけてました。

櫻木
櫻木
前回優勝者の益田さんがワンフレーズ歌うのではなく会場の皆さんに向けてご挨拶していたのがすごく面白くて早めに来てよかったなーと思いましたw

13:00~ オープニング

13:00~いよいよ開会!ということで、予選で各地をまわったMCさん3名が登場してオープニングが行われました!

内容は今回の大会のここまでの流れと、本日の注意事項などなど…

そして第1部の最初の順番の人が準備する時間を使ってVTuberの皆さんがシュガーソングとビターステップを合唱されました!

気になった点(※完全に愚痴です)

さっさと結果書けよという感じなんですが、オープニングでどうしても気になったことを2つだけ書かせてください…完全に愚痴なのであれでしたらスパッと飛ばしてください!

出番を控えた出演者に大声出させるようなMCってOK?

司会者さんが「100万円ほしいですかー?」って言って出演者さんに「おー!」って言わせたいようなMCをしたシーンがあったんですが、これが個人的に「おいちょっとやめてさしあげなさいよ」と思った点です。

カラオケ大会の出番を前にして、喉を温存することを考えると大声で叫ぶなんて出演者からすれば恐らくご法度ですよね。いくらJOYSOUNDでも「大声だそうぜ!」と言うのはナシな状況だと思ったのですが、MCさん何回か粘りましたねwでもそこから切り替えて観覧者を標的にしたのは良かったと思います!

そして「100万円ほしいですかー?」という言葉自体も気になる。確かに100万円欲しい人も勿論おられるとは思います。

ただ、審査員の響先生から『優勝したら世界が変わります』というお話があったように、例えば優勝して自分の歌に自信が持てるとか、優勝を機会にメディアに出て歌手の夢に一歩近づく…というような『世界が変わる』ことを願って参加した出演者が多いのではないかと思うんですよ。100万円のためだけに出演者さん達はここに歌いに来たわけではないので「100万円ほしいですかー?」「おー!」みたいなノリはやりづらいのではなかろうかと少しモヤモヤしたのでした。



シュガビタ合唱でVTuberさんの魅力が活かしきれていない

あとVTuberさんによるシュガーソングとビターステップの合唱にもちょっと気になるところが。

VTuberさんっておひとりおひとりの声が結構大事なんじゃないかなーと個人的には思っているのですが、今回は3グループ(だったかな?)でパートを分けて交代して歌っていたんですね。

しかし、1グループあたりの人数が多く男女が混ざったユニゾンだったせいでぐっちゃぐちゃで…しかもそれぞれ個性があるので合唱なのにバラバラで聴けたもんじゃないわけなのですよ。

聴いてて「まあ1コーラスのみならこれくらい押し込むしかないか…」と思ってたら2コーラス目歌うんじゃん!だったらせめて男女は分けた上でもっと細かくグループ分けしてサビだけ大人数した方がまだ聴けたでしょうよと。

出演したVTuberさんに申し訳ない仕上がりのものをなぜ作った?これが社内でレビュー通ったなんて信じられんぞ…と小一時間くらい問い詰めたい心境でした。

櫻木
櫻木
オープニングの時点で愚痴ってすみません…ようやく本題を書きたいと思います!

13:30~ 第1部(出場No.1~20)

まずは歌唱順1~20の方の歌唱でした。
気になった方をざっくり書きたいと思います!

No.4 ROLLING IN THE DEEP/ADELE 苗木さん

新潟県/新潟のエリア選考会の優勝者ですね。
ゆったりした曲が続いた後に、目が覚めるかっこよさでした!

英語の発音の良さ、声と歌い方のかっこよさもさることながら、強弱の付け方が素晴らしかったです…声量もありサビの勢いも2コーラス目までしっかりと続いていました。

歌唱順が最初の方の人はなかなか入賞しづらいのがカラオケ大会のつらいところですが「この人は入賞してほしいなぁ」と思いながら聴いてました。

後から知ったのですが、Youtube LIVEでは曲の権利上この曲は音が流れなかったんですよね!やっぱり観覧行ってよかったなーと思いました!

No.11 逢いたくていま/MISIA 高橋さん

音源選考のうたスキ動画からの出場ですね!

MAX PARTY 2018でマトリョシカを歌った人だとすぐわかりました。

ど定番の曲をどんな感じで歌うんだろうと思っていたら、歌い始めから圧倒的な声量に驚きました…そしてサビの高音に張り上げ感が全くなく、どこまでも突き抜けていく!感情表現も歌詞通りという感じで聴いていて鳥肌が立ちました。

No.17 キセキノハナ/Lyrico 春日さん+バックダンサーさん

LINE LIVEオーディションで選ばれた組で、リハーサルの時点で衣装にびっくりしておりました!

4人組のグループで歌うのは春日さん、残りの3人はバックダンサーさんだったのですが、まさかカラオケ大会でこんなパフォーマンスがみられるとは…バックダンサーさんがバク宙してましたが、これミスったらえらいことになっただろうと思うと成功してすごくよかったです。

そして春日さんの2コーラス目のサビの高音がすごくてですね!これは何らか入賞するだろうと思いつつ聴いていました。

BEE音楽スクール

15:10~ 第2部(出場No.21~40)

第1部が終わって、休憩中にJOYSOUND MAX GOのオススメ機能の紹介をはさみつつ、割とすぐに始まった第2部(セブンイレブンまでダッシュで飲み物買いに行きました)

こちらも印象に残った方を書いてみます!

No.23 誓い/Rake 益田勝志さん

言わずもがな、JOYSOUND カラオケ大会 2018の優勝者ですね!

すごく楽しみにしてたのですが、上手いのになんだか「あれ?去年の方が感動したような気がする」と感じてしまいました…上手いんですけどねすごく!

しかしなんというか本調子じゃないような…カチッとしたスーツを着ていらっしゃって、襟元がすごく苦しそうに見えたのが印象に残っています。

No.24 HANA/暮部拓哉 小野さん

埼玉県/大宮のエリア選考会の優勝者です。

もうこの方は全てが良かったんですが、中でも本当にサビが素晴らしくて!裏声と地声の切り替えが滑らかで1ミリたりとも裏返らない見事なコントロール…声量はあるし表現力もあるし絶対入賞してほしいと感じました。

一番良かったなと思うのは、初めて聴いた曲だったのですが「うわぁ…この曲、すごくいい曲だし歌詞も素敵だな」と思えたことなんですよね。「この人の歌唱すごいな」だけじゃなくて「この曲いいな」と思わせてくれるような小野さんの歌唱が個人的にはすごく印象に残っています。



No.27 週刊少年ジャンプ/RADWIMPS 堀岡さん

音源選考のうたスキ動画からの出場ですね!

この方の選曲を見た瞬間に「まじでカラオケ大会でこの曲歌うの?めちゃくちゃ勝負しづらくない!?」って思ってすごく気になってました!

が、聴いてみてこの選曲はすごい…と思いました。音程外れない噛まないだけでも私にとってはすごいことなのですが、ずっと繰り返される同じメロディーの中で歌詞に合わせた感情表現が素晴らしくて聴いていて全然飽きませんでした。

シンプルに「この人すごい」と感じました。

No.33 You…feat.仲宗根泉(HY)/加藤ミリヤ 佐々木さん・工藤さん

北海道/札幌のエリア選考会の優勝者ですね!

女性2名のデュエットで、出だしのフェイクからもうきれい…特にハモリがきれい!デュエットってそれぞれの声量や力量が釣り合ってないとなかなか難しいと思うのですが、このおふたりは本当に息ぴったり!

1コーラス目と2コーラス目でメインとハモリが入れ替わってもきれいなハーモニーのままで、入賞できるかもしれないな…と思いながら聴いていました。

16:50~ 第3部(出場No.41~62)

またしても休憩中にJOYSOUND MAX GOの新機能ネタをはさんで、10分後に始まった第3部…もうこの頃にはお腹がペコペコでだいぶ集中力が切れてきてましたw

でもこの第3部が一番良かったんです…!

No.41 歌う人/KOKIA 河野さん

福岡県/博多のエリア選考会の優勝者です。

第3部のトップバッターだったんですけど、本当に強く印象に残ってます!

何が印象に残ったって出だしなんですけども『歌える事が命 伝える事が魂』っていうフレーズを聴いた時に「この人は本当に歌えることが命で伝えることが魂だと思って歌っている…歌う人そのものを体現しているんだな」と鳥肌が立ちました。

ここまで聴いた中で個人的にはダントツ1位だ!と思いました。

No.42 日々/吉田山田 下山さん

mysta カラオケ大会決勝出場争奪イベントの優勝者です。

日々大好きなのですが、ここまで聴いてきた人と誰とも被らないささやくような声と語りかけるような歌い方がとても個性的でした!歌詞に合わせた感情表現も素晴らしく率直に「いいなぁ!」と思いました



No.48 half of me/平井堅 千葉さん

音源選考のうたスキ動画からの出場ですね!

この方の歌は本当に「上手かった」というか「巧かった」と感じました。そつがなく、音程も良く、声量もちょうどよく、抑揚も程よく、感情表現もくどくなく、歌詞がよく聞き取れて「いい曲だな」と思いながら終始聴けました。

1ミリの曇りもなく、入賞しそうだなと感じました。

No.51 みんな空の下/絢香 藤田さん

兵庫県/神戸のエリア選考会の優勝者ですね!

この方はとても絢香さんっぽい歌い方で、当たり前なんですがすごく歌いこんでるなと感じました。

一番感動したのが、2コーラス目にYoutube LIVEに流しているであろうカメラの方に歩いていきカメラにアピールしつつも歌声が全くブレなかったところです!全国大会でしっかり観客にパフォーマンスできて歌も上手いという、お若いのにすごいな…と思いながら聴いていました。

No.53 LOVE STORY/加藤ミリヤ×清水翔太 菅原さん・丸山さん

協力大会の第8回Singer’s Cupの優勝者ですね!

このおふたりはJOYSOUNDのカラオケSNS『うたスキ』のかなでさん・らんさんですね!デュオで活動されているのをうたスキ動画でお見かけしていたので、生歌を聴けるのを楽しみにしていました!

今回の大会で男女デュエットは何組かあったのですが、悲しいことに片方が圧倒的に上手くてバランスが取れていない組が多くてですね…しかしこの組は本当にバランスが良く息もピッタリでした!今までおふたりで相当訓練されてきたんだろうなと感じました。

No.61 愛のカタチ/海蔵亮太 下尾さん

大阪府/淀川①のエリア選考会優勝者ですね!

もう最後が近づいてきて知ってる方の歌唱も全部終わって、大変失礼ながら「これなら早く帰ってもよかったかなー」なんて思ってました。

しかしこの方の歌を聴いた瞬間「帰らなくてよかった!」と神に感謝しました…歌唱についてはどの要素をとっても本当に文句のつけようがない上手さで、聴いていて鳥肌が立ちました。

高校生でこの上手さとは、これから先もっと成長したら一体どうなってしまうんだと思いながら聴いてました。個人的にはこの人が絶対優勝だ!と思いました。



ゲスト歌唱

出場者全員の歌唱が終わり、審査員の先生方は審査タイムへ。

その間にゲストの三丘翔太さん、古澤剛さんのゲスト歌唱がありました!

が、ここまで想像以上に長丁場でですね…お腹がすきすぎてマックナゲットとポテト食べに外に出ちゃいましたもう本当にすみませんすみません

櫻木
櫻木
そういえば去年はYoutube観ながらおやつ食べてたんだった…会場の外でサッと食べてサッと戻れるSOYJOYとかウィダーインゼリーでも持参すれば良かった

18:55~結果発表/表彰式

審査時間を経て、ついに結果発表のお時間がやってまいりました。

JOYSOUNDカラオケ大会ではまず敢闘賞として10名選ばれ、その中から優勝・準優勝・優秀歌唱賞が選ばれます。そしてそれ以外にも審査員からの特別賞が出る場合がある…という感じです。

もうここまで色々書きすぎて疲れてきたので結果は表でサクッと行きます!

というわけで、JOYSOUND カラオケ大会 2019の優勝は『下尾礼子さん』、曲は『愛のカタチ/海蔵亮太』でした!

発表された瞬間、「やっぱり下尾さんが優勝だー!」とすごく納得した結果でした。なんというか本当に『THE 優勝!』といった感じでした。

こうしてまとめて見ると、敢闘賞の10名はエリア選考会を勝ち抜いた方が目立ちますね…

櫻木
櫻木
すごくいいなと思った河野さん(歌う人/KOKIA)が準優勝、小野さん(HANA/暮部拓哉)が優秀歌唱賞なのも嬉しい!おめでとうございます!



感想:生で歌が聴けて本当によかった!

感想はこの一言に尽きます!

去年仕事の休憩中にYoutubeで視聴した時とは全然違いました…生歌のパワーを改めて感じました。

そしておひとりおひとりの歌が上手い!

単に技術的に上手いというだけではなく、大会のキャッチフレーズ通り聴いていて心が動かされる歌でした。

中でも優勝した下尾さんの歌は本当に素晴らしかったです…他の方の歌唱も素敵だったのですが、歌唱順も最後になってきてお腹空いたなー帰ろうかなーなんて思ってる時に下尾さんの歌を聴いた瞬間「この人が優勝だ!」とはっきり思いました。

それぐらい誰よりも心動かす、魅せる歌声だったなと思います!

JOYSOUND カラオケ大会、2020年もあるの?

結果発表の後に気になるのはやっぱり「来年もあるの?」というところですよね。

2018年の大会の際は表彰後のお話で「2019年もやる」という言葉がはっきりと出ていたので、今回も最後のお話で来年の開催について言及するのかな?と思っていたのですが2020年に開催するかどうかは名言されずでした(私が聞き逃しただけかもしれませんが;;)

しかし2年目でここまで大盛況であれば、来年も開催されるのではないかな?と勝手に予想してます。

次回開催されるなら参加したい!という方は、一番早く始まる一般応募の期間が第1回は2018年11月25日~2019年1月25日、第2回は2018年12月19日~2019年2月28日だったので、2019年の11月末が近くなってきたらJOYSOUNDの公式サイトをチラチラとチェックするといいかもしれません!

2020年も開催されたら、ぜひまた観に行きたいと思います。
以上、JOYSOUND カラオケ大会 2019超個人的なイベントレポートでした!

 

[2019/12/03追記]

まだ次の大会のアナウンス無いですね…!

やっぱり前回の大会の締めで「2020年もやります!」っていう発言がなかったのは気のせいでなかったか…もしくは単に来年になってから予選開始するのか。引き続き待ってみようと思います!